リメリーはどうして市販で売ってないの?考えられる3つの理由

リメリーはどうして市販で売ってないの?考えられる3つの理由

 

コスメは市販商品でも数多く売られていますが、どうして一連の商品より取寄せ出品しか行っていないリメリーの方がイチオシなんだろう?

 

市販商品とリメリーの持ち味を比較していきましょう。

 

市販商品の持ち味

 

 

さっそく市販商品の持ち味から考えてみます。

 

すぐにお得に購入できる
アルコール含有などで過敏お肌は利用できない
現れたニキビに効く「医薬品」が多くある瞬間的に回復させる成果はあるが、ニキビができづらい皮膚作りには不得手

 

 

市販商品の持ち味は、やっぱりすぐにお得に手が届くこと。

 

だけど、大量に製造することし小売店に年中ストックしても構わない状態にするため、付加物過多のタイプばかり。

 

その為、保存材やアルコール含有など、過敏肌のユーザーとして利用しづらいアイテムが一般的です。

 

加えて、市販のコスメはとっくにできたニキビに対し勝負を仕掛けるタイプが多く、今後できるニキビに向かい合ってものは微々たるのが事実なのです。

 

リメリーの持ち味

 

医薬部外品の為ニキビへの効果も有望である
潤い成分が無数に含有されている
過敏肌でも重宝する
オーガニック処方

 

ニキビに効き目があるほか、美白成分でニキビ跡の黒ずみもブロックする価格は市販商品と照らし合わせるとちょっと割高美容成分が数多く組まれているので、ニキビ、美白、潤いなどトータルに手入れできる反面、リメリーは過敏肌でも重宝するオーガニック処方に拘っており、進んでしまったニキビは当然、将来できるニキビもブロックすることが特徴的です。

 

潤いに着手した美容成分もほとんどで盛り込まれているため、ニキビばかりか問題も併せてお手入れできるのは有難いカギになりますね。

 

ですが、時間も素材も拘りを持っているぶん経費は少し高くなり易くす。

 

リメリーは何の為に市販で出荷されないの?

 

取寄せだと色々と手間は掛かるし、そうそう効き目があるなら市販で発売されてもらえればいいのに…と考える人もいる筈です。

 

されど、リメリーは取寄せでしか売却できないポイントがあります。
推定されるのは下に挙げる3つです。

 

薬局に載せておくため、付加物を重ねる必要が生じるアイテムを構築してから、リアルで我らが活用するようになるまでのスパンは、直接販売よりも長目。

 

その前に、いつコスメを利用するか不明なため、長いこと保管可能な様に保存材などを追加することが不可欠です。

 

過敏肌にとって、人為的な付加物が蔓延るのは、攻撃性も激しく、あまり悪いものです。

 

リメリーは皮膚への低刺激性に集中していますから、市販商品として売っていないのです。 取扱店に配送することで経費がかかる販売所を構えたり配送することは、本当は極めて経費のかかること。

 

販売店そのものの店賃や従業員の給与などが蓄積され、通常価格よりも尚更割高になっていることでしょう。

 

取寄せオンリーですから、多彩な販売店を構えることも要らず、経費が浮き、それに比例してお得に入手可能なようになっています。 出荷だと入手後のフォローが行えなくなる買ったあと180日のキャッシュバック保証をつけているリメリーだけど、市販売買だとどなたがいつ購入したか不明なため、これらの特典は害されてます。

 

リメリーはこういった現状からも、取寄せ売買にしているのだだと考えられます。 間に合わせのら市販商品でも大丈夫、念入りにニキビに効果があるならリメリー!

 

以前からできたニキビに関し接触をしたいのであれば市販の医薬品などを利用しても一切構いません。けれど、念入りにニキビを好転、正常化したいと考えているのであれば、潤い効力もあるリメリーを役立てましょう。自身の希望する効き目を考慮して利用するコスメを分けてみた方が良いですね。