リメリー 使い方

リメリーの使い方|適量や塗るタイミングについて徹底解説

 

 

鼻トラブル専用美容液で有名なリメリー。

 

 

やさしい成分だけを使用しており、無添加なことからお子様の肌にも使えることで評価が高い商品です。

 

 

そんなリメリーですが、

 

 

「これって、いつどうやって使えばいいの?」

 

 

 

そういった素朴な疑問もありますよね。

 

 

リメリーの適量はどのくらいなのか?
いつ塗るのが効果的なのか?

 

 

この記事では、リメリーの正しい使い方について徹底解説していきます。

 

 

リメリーの正しい使い方

 

まずリメリーで鼻のケアをしていく際は、何も難しいことはなく至ってシンプルです。

 

はじめに、1日に使う回数から見ていきましょう。

 

リメリーを使う回数

 

リメリーを1日に使う回数は、朝と夜の2回が基本です。

 

その時間帯の中で、リメリーを塗るベストなタイミングがあります。

 

 

それは、「洗顔後」です。

 

朝目覚めたとき、夜仕事から帰ってメイクを落とすとき、最低でも1日2回は必ず洗顔しますよね。

 

 

リメリーは、洗顔後の一番清潔な状態に合わせて使うのがもっとも効率が良いです。

 

 

ただ化粧水と併用する場合は、先に化粧水を塗ってから、その後にリメリーを塗るようにしてください。

 

 

リメリーをいつも洗面台の近くに置いておけば、忘れることもなく面倒だと感じることも軽減されます。

 

 

洗顔が習慣化されているように、リメリーも一度習慣化してしまえば毎日簡単にケアすることができます。

 

 

リメリーの適量

 

リメリーは1回あたり1〜2滴が使用の目安です。

 

これは、公式サイトや買ったときに付いてくるパンフレットにも記載されています。

 

1〜2滴で足りるの?と思うかもしれませんが、リメリーは伸びが良いテクスチャーなので1滴でも多いくらいです。(鼻だけに塗る場合)

 

 

粘り気のあるトロっとしたテクスチャーですが、ベタつきが全くないので夏のジメジメした季節でも抵抗なく使っていけるはずです。

 

 

また、リメリーはスポイトタイプになっているので、毎回衛生的に使えるのが嬉しいですね。

 

 

手に取ったら、はじめに軽く体温で温めてから鼻に塗ったほうが浸透が良くなるのでオススメです。

 

 

リメリーの使い方についてのまとめ

 

 

いかがだったでしょうか。

 

 

リメリーの使い方はとてもシンプルなので、1回30秒もあれば簡単にケアしていくことができます。

 

 

お仕事で疲れて、今日はお手入れする気がしないーなんてときにもぴったりですね。

 

 

成分も優しいものだけを使っているので、首回りやお顔全体に伸ばして使うこともできます。

 

 

 

毛穴の黒ずみやニキビを治すまでにある程度時間がかかるので、最初は焦ってしまうかもしれません。

 

 

ですが、大切なのは1日2回毎日コツコツ継続していく事です。

 

 

リメリーの効果を少しでも感じることができたら、あとは根気と時間が解決してくれます。

 

 

 

リメリーでしっかり日々のケアをして、近くで見られても平気なくらいツルツルの鼻をゲットしちゃいましょう。

 

 

 

リメリー口コミ